• store

親愛なるさんみゅ~ファンの皆様へ

  • OTHER
  • 2019.11.7 更新!

いつもさんみゅ~を応援いただき、誠にありがとうございます。
皆様に大切なご報告がございます。
2020年3月1日をもちまして、さんみゅ~の全メンバーが卒業することになりました。
突然の発表となり、大変申し訳ございません。
 
2011年の「さんみゅ~β」プロジェクト発足から早8年、 2013年の1月にメジャーデビューをして、これまで多くの場所で、ライブを通してたくさんの人と巡り合ってきました。
今思い返すと、長くもあり、短くもある8 年間だったと思います。
2017年からは、木下綾菜、小林弥生、新原聖生、西園みすず、野田真実の5人体制となると、個々の活動にも自覚を持ち始め、個々の能力と個性をこれまで以上にパワーアップさせていこうと、様々なものに挑戦してきました。
 
この様な決断に至った理由といたしましては、メンバーそれぞれがグループ活動の先にある個々の夢に向かう活動を、これまで以上に邁進していくタイミングと判断したからです。
これまでも、グループ活動を続けながらという選択肢も幾度となく考え、今日に至るまでなんとかそうなるように努力を続けてきましたが 、活動をするうえでグループに甘えない環境が、本来は一番正しいのではないかと考えるようになり、一つの前向きなけじめとしてこのような決断をいたしました。
 
「さんみゅ~を始めよう!」とこのグループを結成するチャンスを与えてくれた、故・相澤秀禎(サンミュージック元 会長)の理想には程遠く、期待通りの結果は残せなかったと思います。
ただ、会長からの言葉、「みんなから愛されるタレントになりなさい」その言葉は今も忘れていません。
きっとこれからも忘れることなく、メンバーは次のステージに進んでいくことでしょう。
 
さんみゅ~を離れ、飛び立とうとする姿は寂しくもあり逞しくもあります。
向かう先は役者、タレント、歌手とさまざまですが、さんみゅ~の活動を通して培ってきたスキルは、どの分野、世界に行っても必ずやお客様を楽しませることができるエンターテイナーだと信じております。
これだけ長く活動を続けることができましたのも、いつもいただく温かい応援、みなさまから注いでいただいた愛情、その賜物であると確信しております。
みなさんと一緒に作り上げてきた「さんみゅ~」。メンバーにとって青春であり、大きな誇りであり、かけがえのない財産となりました。
 
つきましては、さんみゅ~現体制の集大成といたしまして、最後にツアーをもって終幕とさせていただきます。
 
開催日程
2020年2月2日(日)
会場:赤羽ReNY alpha
 
2月15日(土)
会場:名古屋RAD HALL
 
2月23日(日)
会場:大阪アメリカ村BEYOND
 
2月29日(土)
会場:YAMAHA銀座スタジオ
昼 3MAN LIVE
夜 銀座で逢いましょう#FINAL
 
3月1日(日)
会場:YAMAHA銀座スタジオ
昼 個別握手会
夜 さんみゅ~ FINAL LIVE -夢で逢いましょう-
 
この場を通して、今までのすべての感謝の気持ちと、これからの希望を最大限に発揮します。是非とも、最後の雄姿をご覧ください。
 
来年2月のツアー、そして3月1日がさんみゅ~として最後のライブとなりますが、その後も一人ひとりの活動を応援していただけたら幸いです。
 
sunmyu works.
 
—————————————————-
 
西園みすずより
 
いつも応援ありがとうございます。
いつか。いつかは。 と思っていた話をする時が来てしまいました。
結成から約8年。
長かったです。
あっという間に過ぎた、
長い時間でした。
 
どんなに前向きな言葉を並べても
応援してくれる皆様には寂しい思いをさせてしまうと思います。
でもね、ごめんねは
どうしても言いたくないです。
悲しんでくれて本当にありがとう。
私も、とても寂しいです。
 
メンバーが5人いると
それぞれ良い時、悪い時があり
成長する局面も人によって違いました。
でもその都度悩んで、戦って、
へこたれそうな時ほど皆様の応援に支えられて、今日まで来る事ができました。
 
メンバーひとりひとりが
一タレントとしての夢を持ちながら
グループ活動をする中で
「5人で居る事」 を
絶妙なバランスで選び続けてこられたこの数年間は奇跡だったと思っています。
ひとりひとりが成長して、新しい環境にも触れて、感覚が少しずつ変化していくのが肌で分かったし、 私自身も自覚がありました。
 
でもこれって、悪いことじゃなくて、
すごい嬉しい事なんです。
やってみたい!こうなりたい!!がどんどん溢れてくる感じ。
今はきっと寂しい思いをさせてしまうけど
どうか悲しまないでほしいです。
 
「さんみゅ〜」
私はここが大好きです。
 
両手いっぱいにやりたい事をやるために
私達は新しい道を選びますが
どの道に進んでも、変わらないです。
 
言葉を選ばないとするなら、
このグループ、なんだかんだ
一生続いてくんじゃないか。 と私は今も思っています。
やりたい事目一杯やって
また歌いたくなったら
「ねぇ、そろそろ集まんない?」
って私が言う。
そしたらみんな
「いや、何言ってんの?」って笑いながら
集まって来てくれる。
 
それが5年後なのか10年後なのか
おばあちゃんになってからなのか
今はまだ、わからないけど。
 
こんな話したら怒られるかな。 無責任なこと言うな。って
みんなにも言われちゃうかもしれないけど
でもね、ほんとにそう思ってます。
 
ファンの人に恵まれて
あったかいチームに支えられて
心強い家族がいて
最愛のメンバーが4人もいて。
みんなに愛されてるこのグループに居られた事が最高に嬉しくて、幸せです。
 
私達は変わりません。
5人一緒でも、そうじゃなくても。
 
メンバーも、ファンの皆様も、
関わってくれる人達も、家族も。
悲しませない。約束。
 
これからも皆様と寄り添っていられるように
明日からを大切に積み重ねていきます。
私達の新しい決断を
どうか暖かく見守ってもらえたらと思います。
 
西園みすず
 
—————————————————-
 
木下綾菜より
 
この度さんみゅ〜は、3月1日のライブをもって全メンバー卒業する事になりました。
卒業についてみんなで話した時に一番最初に浮かんだのは、ファンのみんなのことでした。
みんなは今どんな顔でこの文章読んでるかな。
悲しんでるかな。大丈夫かな。
デビューして7年、研修生時代を含め8年、
それだけみんなに沢山支えられてきたんだなと改めて思いました。
 
楽しいことは勿論、それだけじゃない事も沢山あったけど、さんみゅ〜を続けてこられたのは間違いなくみんなの応援があったからです。
昔はコンプレックスだった声も、みんなに沢山好きと言ってもらえて、これも個性だと思えてやっと好きになれました。
さんみゅ〜のファンのみんなは本当にさんみゅ〜を愛してくれて、温かい、素敵な方ばかり。
みんなは私たちの自慢です!
 
今年は特に、個人でやりたい事をやりながらもさんみゅ〜が帰る場所になっていたので。
そんな安心できる場所から旅立つというのは勿論寂しいです。
 
私にとってアイドル活動を始めた事は新しい人生の始まりで、アイドルが好きになって、歌が好きになって。
ステージでのみんなとのキャッチボールが楽しくて。
大切なものが沢山出来て、自分なりに誠実に、真面目にアイドルをやってきました。
アイドルになったことを後悔した日はありません。
 
さんみゅ〜というグループで活動できた時間、出会えたメンバー、スタッフさん、そして応援してくれるみんなは私の人生の宝物です。
そんな大好きなグループを最後まで見届けられて私は幸せです。
そしてみすずちゃん、やぁちゃん、まみ、せな。この4人に出会えた事も大きかったです。
好きとか嫌いとか、そんな簡単な言葉では表せない関係。何があっても味方でいたいと思える、大切な存在です。自慢の仲間たちです!
 
私もみんなに負けないように一生懸命頑張るから。どうか、それぞれの応援をして頂けたら嬉しいです。
これからのライブ、最後のツアー。
残り、約4ヶ月。
一瞬でもさんみゅ〜に関わって下さった全ての方に、全力で感謝の気持ちを伝えていきたいです。
会いに来て頂けたら嬉しいです!
これからも私たちをどうぞよろしくお願い致します。
 
木下綾菜
 
—————————————————-
 
小林弥生より
 
いつもあたたかい応援本当にありがとうございます。
そして突然の卒業発表で驚かせてしまってごめんなさい。
 
少し思い出話みたいになってしまいますが、私は、自分がアイドルになるなんて1ミリもおもっていませんでした。
ずっとオーディションで上手くいかずこのオーディションを最後にもうやめようと思い 一か八かで何のオーディションかもよく聞かず受けたことを覚えています。
 
そうして、2011年に私たちのグループは候補生として始まりました。もう、8年前なんですね。
 
候補生として集められた時このプロジェクトはアイドルであることを知り平気な顔して聞いていたけど不安しかありませんでした。
 
候補生時代から様々な選抜があり私はさんみゅ〜のメンバーが10人決定する最後の選抜では先に9人が選ばれその9人に私は選ばれてなかったんです。
なのに何故 私がさんみゅ〜になったのか、
それは最後の1人はファンの皆様が選ぶという最後の選抜でした。
そこで私はファンの皆様の投票でさんみゅ〜のメンバーとして選んで頂きました。
今の私があるのはファンの皆様のおかげです。
その頃から、ずっとずっと皆様に支えられてさんみゅ〜の小林弥生として、いままで活動してくることができました。
【支えてくれてありがとう。】
何度言葉にしても足りることはないんだと思います。
ネガティブな発言なのかもしれないけれど正直に話しておきたいので言わせてください。
 
私は歌がずっと苦手でした。自分のパートが来る前ステージで皆の前に立つものとして、ダメなのは分かっていたけど、いつまで経っても緊張して、声が震えて、人前で歌うことを仕事としているのに私が歌うなんてダメだ
メンバーの足を引っ張っていると思い何度も何度、辞めようかな…と思っていたこともありました。
それでも、ファンの皆はこんな私に笑顔を見せてくれて、私の歌を好きだと言ってくれる人もいて、沢山沢山応援してくれてすごく支えられていました。
今では、歌うことがすごく楽しくてこんな素敵な歌を歌わせてもらってることに幸せしかありません。
本当に本当にありがとうございます。
 
何が言いたいかもまとまってなくてごめんなさい。
でも素直な気持ちで書きたくてこんな風になってしまいました。
これも私らしいかな。
 
私はファンの皆様のおかげで強くなれました。
自分には何が出来るのかを沢山発見した8年間でした。
まだまだ出来ないことも沢山あるしチャレンジしたいことも沢山あるけど
これからも皆が強くしてくれた自分を大切に、様々なことに超絶全力でチャレンジしていこうとおもいます。
 
色々な壁を一緒に乗り越えてきたメンバーがそれぞれの道に進みます。
分からないことが沢山ある、どんな人に出会うかも分からない、私は受け入れられるんだろうか。
家族と離れ、上京してきた時と似たような気持ちです。
 
メンバーがそれぞれ違うところで違う形で新しく輝くのだと思います。
これからもさんみゅ〜メンバーをあたたかく見守って頂けたら幸いです。
 
携わってくださったスタッフの皆様、田舎から出てきた何も出来ない私たちを厳しくも優しくあたたかく育ててくださり本当にありがとうございました。
 
2020年3月1日
私たちは最後のライブを行います。
是非、5人の姿を見に来てください。
 
最後のライブまで今まで通りの私たちで最高のパフォーマンスを皆様にお届けできるよう精一杯頑張ります。
 
さんみゅ〜の曲ひとつずつに思い出や気持ちが沢山詰まっています。
最後まで大切に歌います。
 
この曲たちはどんな時も私たち、そしてファンの皆の背中を押してくれるような曲ばかりです。
これからも沢山愛してあげてください。
沢山、聴いてください。
 
みんなに出会えて大好きな人がこんなに出来たこと私は本当に幸せです。
さんみゅ〜のやぁちゃんとしては短い時間ですが、変わらず笑顔で頑張ります。
 
本当にいつもありがとう。
 
小林弥生
 
—————————————————-
 
新原聖生より
 
14歳の頃に親元を離れて、メジャーデビューをしました。
右も左も分からないような状態だったし、辛くて苦しいこともたくさんあったけど、いつもライブだけはすごく楽しかったです。
そのライブにはいつも皆さんがいました。
この約7年間私たちが、歌い続けることができたのは、紛れもなくファンの皆さんのおかげです。
皆さんに応援して頂けることがいつも支えになっていました。本当にありがとうございます。
終わってしまうのは悲しいけれど、自分にとっての新しいスタートだと思って、まだまだ最高の景色を皆さんと一緒に見るために私はこれからもずっと歌い続けます。
今まで以上に一回一回を大事に、皆さんと過ごせたらなと思っていますので、最後までよろしくお願いします!
 
新原聖生
 
—————————————————-
 
野田真実より
 
皆様へ。
いつも応援していただきありがとうございます。
私たちはさんみゅ~を卒業することになりました。
メジャーデビューから7年、私たちは、色んな経験をさせて頂き、その中から沢山学び、僅かではあるかもしれないですが自信をつけました。
 
学生だった私は、沢山の不安とともに上京し、何もわからない所からのスタートで、時には挫けそうになることもありましたが、ライブで見えるファンの皆さんの顔や握手会などでの言葉、心を込めて書いてくださった手紙を見て頑張ろうと励まされました。
 
努力することが苦手だった私を変えてくれたのはさんみゅ~で、歌を好きにしてくれたのもさんみゅ~です。
メンバーとも切磋琢磨してこれたと思います。
家族と同じように沢山の時間を一緒に過ごして、時にはぶつかることもあったけど顔を見ればやっぱり安心する、とても大事なメンバーです。
 
それぞれ個人の仕事も少しずつ増え、やりたいことやってみたいことが沢山出てきたと思います。それに対して頑張っているメンバーを見ると尊敬する気持ちでいっぱいです。
全員が20歳を超え、それぞれの道を考えることは当たり前だと思うし、明確に見えていることはとても素晴らしい事だと思います。
今までさんみゅ~という帰って来れる場所があり、安心出来る場所があるということが、これからは一人一人の勝負で新たな挑戦になります。
さんみゅ~から巣立ってまた新しい経験や沢山の試練が待っているかもしれないですが、これまでさんみゅ~で学んだことを忘れず更に学び、私を含めメンバー全員頑張っていきたいと思います。
さんみゅ~で得た、嬉しいこと楽しいこと、悲しいこと辛かったことは全部忘れたくないし忘れないし、大事な財産です。
ファンの皆様、今まで携わって下さったスタッフの皆様への感謝の気持ちを忘れず、更に努力を重ねて頑張っていきます。
 
皆様の期待に応え、越えられるように頑張りますので、これからも応援していただけると嬉しいです。
 
野田真実